あなたの大人数レンタルスペース活用を手助けする総合情報サイト

>

あなたの大人数レンタルスペース活用を全面サポート

レンタルスペースの収容人数以外の要件

収容人数を基にレンタルスペースの選択をした時に次に検討しなくてはいけないのが、目的に応じた備品や什器等の設備です。会議場としてのレンタルスペースでしたら、当然そうした会議に必要な備品や設備はそろっています。

そのほか検討しなくてはいけないのは、交通などが便利かという立地条件、目的に応じた雰囲気をそのレンタルスペースは持っているか、といったことです。大人数が参加する会議ですと、交通の便が良いことは重要なチェックポイントです。駅からの距離が近いということはもちろんですが、最寄りの駅に何本も路線が走っている方が、参加者には便利です。

会議室などは必要な備品はそろっていますが、自分のPCを持ち込んで使う場合などは、規格が会議室のものとあっているかをチェックしておく必要があります。

パーティー用レンタルスペース

ビジネスはもちろんプライベートでも宴会やパーティーを開催することが多くなりました。参加者は取引先であることも同窓生であることも系列会社の人々であることもあります。この場合には収容人数はもちろんですが、目的の雰囲気に合ったスペースを選ぶことが大切です。参加者にあった収容人数のところを選びませんと、閑散とした雰囲気になってしまいパーティーが盛り上がりません。逆に参加者を収容しきれないと、リラックスしたパーティーになりません。

この場合も交通の便が良いかというチェックが必要です。駅が近いばかりではなく、タクシーが見つけやすいかも確認しておきます。レンタルスペースといっても、レストランを借り切ったり、ホテルの宴会場を使うこともできます。空間だけのレンタルスペースの場合には、ケータリングサービスが利用できます。


この記事をシェアする