2021/01/25 (月)

コンピュータにどのような処理をするのかを指示するためのプログラミングは、プログラミング言語で行われます。プログラミング言語には様々な種類が存在しており、それぞれ特徴もあれば、得意分野も異なるので、どのプログラミング言語を学ぶべきかをしっかりと把握することが重要です。

そのプログラミング言語の一つが、「Java」です。
Javaは、サン・マイクロシステムズ社が1996年に発表したプログラミング言語です。発表後も改良が進んでおり、バージョンアップを重ねています。
Javaは、最も使われているプログラミング言語のひとつであり、プログラミング言語を学ぶ場合には概要だけでも把握しておくと便利でしょう。

Javaは、幅広い分野に活用されている言語で汎用性があり、何らかの問題が発生した場合に素早く解決することができる仕組みがあるということが特徴です。また、複雑な案件にも対応しやすく、コスト削減をしながら運用し続けることができるという点も特徴です。
このことから、Javaのプログラミング言語は、様々な分野で活用できる得意分野の多い言語と言えます。スマホのアプリ開発といった小規模なものや、Webアプリの開発、デスクトップの開発なども行うことができます。また、より高度な人工知能やIoT、ゲームソフトの開発などに用いられることもあります。

Javaは個人的な開発から、企業の業務システムまで幅広く対応可能です。また、Javaはインターネットとの相性が良く、SNSの開発も得意としています。